家庭学習教材のメリットやデメリット

学習教材によっては0歳から始められる教材もあれば、通信教材では2歳から始められるものあります。 また通信教材や市販の教材でも、子供達が飽きないように興味や好奇心を増やすために、成長や年齢に応じて変える事が秘訣です。 通信教材は送られてくる教材が変わるのでおススメです。

家庭学習教材では日常生活に役立つ

幼児向け家庭学習教材の中では日常生活に役立つものがいっぱいあります。 例えば、子供が嫌がる歯磨きについては、歯磨きの良さや歯磨きの仕方。 トイレトレーニングについての絵本などがあります。 そのため成長に合わせて学ぶ事ができ、育児に関する事でお悩みの親御さんにも役立つのではないでしょうか。

幼児向けって何歳から始められる?

今では市販や通信教材と、幼児向け家庭学習教材をする家庭が増えています。まずは、幼児向け家庭学習教材のメリットとしてどんな事があるのか。
一つのメリットとしては、親子の時間を過ごせる事です。
1対1で子供と一緒に学ぶ事ができる時間は、保育園や幼稚園、小学校と子供が大きくなるにつれて減ってしまいます。
そんな中、幼児向けの家庭学習教材をする事で学ぶ事もでき、一緒に過ごす時間も増えます。
また小さいうちから家庭学習教材で学ぶ事で勉強の習慣が身に付きます。
次にデメリットですが、幼児向け家庭学習教材でデメリットとして多くあげられているのが、何かと忙しい親御さんにとっては、一緒に学ぶ時間がない事です。
家事や仕事で忙しく、「後で一緒に」「明日にしよう」って事に慣れてしまう事が多く、気が向く時にしかできなくなってしまい、後々やらなくなる事です。
そのため、続かず使わなくなってしまうという残念な結果になってる事が多いです。
また子供の成長とともに、興味が無くなってしまったり、飽きてしまうという事もデメリットになります。
子供の個性や好きな事、苦手な事も含めやる気が出るようにしたり、興味を損なわないように工夫が必要になります。
幼児向け家庭学習教材では、市販で売られている学習教材から、通信で教材が毎月届くシステムや、最近増えてきているのがタブレットを使った教材です。様々な教材が増えているため、子供にあった教材を探したり、試しに使ってみるのも良いかもしれません。

どんな教材がある?

0歳から小学校に上がるまでの6歳の子供を対象に家庭学習教材は成長とともに、特徴に合わせた教材選びが大切かと思います。 シールを張ったり、絵本を読んだり、書く練習や、おえかきや色を塗ったり、DVDを見ながら歌ったり踊ったりできるなど様々あります。


ページ
Topへ