>

家庭学習教材のメリットやデメリット

幼児教室のメリットとデメリット

幼児教室のメリットとして一番にあげられるのが、小さいうちから身に付けることができるコミュニケーション力です。
家庭学習の場合は、お子さんと親御さんとだけになってしまいますが、幼児教室では同年代の子供達とふれあう事ができます。
そのため保育園や幼稚園に入る前に幼児教室に通われる方も多くいます。
幼児教室では親御さん同士仲良くなれる事も一番のメリットと言えます。
しかし通わせたのに子供に合わなかったというデメリットがありました。
幼児教室に通わせようと思っていても、子供に合わなかった、子供が嫌がっていては意味がありません。
また毎月の月謝が教室にもよりますが、平均で月々5000円からになります。
幼児教室を通わせるのに不安を感じた場合には、体験レッスンもあるため、子供の反応や、教室の雰囲気などを体験してみるのも良いかもしれません。

通信教材と幼児教室の比較

家庭でできる通信教材と同年代の子たちとふれ合える幼児教室で違いを比較してみました。
まずは金額ですが、比較的に安く始められるのが通信教材です。
金額で言えば安い通信教材では1000円以下のもあり、人気のこどもチャレンジでも月々2000円から始められます。
幼児教室では月々の平均が、教室にもよりますが5000円からになります。
次に通信教材では親御さんが先生の代わりになる事。
通信教材ではやり方が書いてあっても教え方までは書いていません。
その分、幼児教室では専属の先生がいる事もあり、教え方も熟知しているため安心です。
また親御さんとやる事で甘えてしまう部分が出てしまったり、親任せになってしまう事があります。
しかし、親御さんと無理なく、そして他の子と比べられるストレスがなく始められます。ストレスがない事で学ぶ事が楽しいと思ってもらえるのは、家庭学習ならではのメリットです。



ページ
Topへ