>

家庭学習教材では日常生活に役立つ

幼児向け家庭学習教材を楽しく

幼児向け家庭学習教材を習慣化し、継続させるには楽しくなくてはできません。
幼児の年齢の時期は、色んな事に興味が移り変わってしまう事が多いです。しかしデメリットと思わず、メリットに変えてみましょう。
まずは子供が何に興味を示してくれるか、子供に合わせた教材が必要になります。
歌ったり、音楽を聴くのが好きな子やテレビばかり見ている子には、親子で一緒にDVDを見ながら歌ったり、踊ったりして体を動かしながら、歌を学ぶ事ができます。
絵本を読むのが好きな子や逆に絵本を集中して聞いてくれない子には、飛び出す絵本や、仕掛け絵本などで好奇心が増えます。
普段遊んでいるブロックやお絵かきなどでも、親御さんと一緒に「車を作ってみよう」「お城を作ってみよう」など想像力を膨らませる事ができます。
また、親御さんと一緒に学ぶ事が楽しいと思ってもらえて、またやってみたいなどのやる気が出てきます。

幼児向け家庭学習教材を習慣化

幼児向け家庭学習教材を習慣化させるためには家庭学習教材ならではの、工夫が必要になります。
まずは、家庭内のルールを決めておくのも一つの工夫です。何時間も教材をやり続けてしまうよりかは、15分だけや30分だけなど時間を決めて、学習教材を一緒にする事から始めてみるのが一番かと思います。忙しい親御さんにも短い時間にする事で後回しにする事を避けられる上に、少しの時間でも子供と一緒に出来ます。
また学習教材を終えた時に、いっぱい褒めたり、良く出来ましたシールで好きなキャラクターを使って、頑張った事や出来た事の成果を一緒に喜ぶ事で子供の楽しみも増えます。
様々な工夫をする事で、少しずつ家庭学習教材を習慣化していき継続させる事ができるのではないでしょうか。



ページ
Topへ